スゴイ!超文書術 画像

営業本

人もお金も動かす『スゴイ超文章術 金川顕教』3分でわかる徹底レビュー



一生使える文章術を身に付けてみませんか?

ビジネスに限らず、twitter,instergram,LineなどのSNSが普及し、文章を書く機会が増えています。

「共感の時代」と言われる昨今、人の心を動かす文章の重要性は年々増しています。

人に共感されたり、人の心に刺さったり、人を説得できたりする文書がかけるようになると、あらゆる場面で強力な武器を手に入れることができます。

本記事では「スゴイ超文章術」を解説しています。

人を動かす文章力を身に付けたい方は必読です。


5つの学び


本書ではたくさんの学びがありますが5つだけご紹介させていただきます。

  1. 『私は』を『あなたは』に変えてみる
  2. いったん読者と目線を合わせる
  3. 人ファンと商品ファンの違いを理解する
  4. 『五感を刺激する言葉』を文章に入れる
  5. 感情的ベネフィットに訴えかける



① 『私は』を『あなたは』に変えてみる

あなた 画像



文章を通して相手を説得したり、行動を動かしたいのならば、読み手にはできるだけ当事者意識を持って読んでもらわないといけません。

プレゼンっぽい文章、説教くさいん文章を書いてしまうと読み手は読んでくれません。

そこで読者に共感をしてもらいながら、読んでもらうにはどうすればいいか?

一番簡単な方法は、『あなた』という言葉を差し込んでいくことです。

もしくは『私は』と書いてしまったところを、『あなたに』に変えてみることです。

自分にスポットライトを当てるのではく、読者に当てる。


『私は』

僕は1ヶ月に最低10冊本を読みます。

本が素晴らしいのは、その著者が何十年分もかけてたどり着いた本質的な解答を数時間で学ぶことができる点です。

僕は今後も本を読み続ける事で、夢の実現に向かってブーストをかけていきます。



『あなたは』

あなたは月に何冊本を読みますか?

本が素晴らしいのは、その著者が何十年分もかけてたどり着いた本質的な解答を数時間で学ぶことができる点です。

もしあなたが本当に成し遂げたい夢があるなら、読書はきっと夢にブーストをかけてくれるでしょう。

ちなみに僕には大きな夢があるので、1ヶ月に最低10冊本を読むようにしています。 



② いったん読者と目線を合わせる

目線を合わせる



あなたが何かの分野で吐出した実績があり、そのノウハウは心構えを文章で伝えたいなら、いったん読み手のレベルまで降りていく必要があります。

これを「目線合わせ」と言います。

大半の人たちにとって、雲の人の声は「どうせこの人だから出来るんでしょ?」と思われやすいです。

その結果、多くの読み手は思考が停止して、読む気がなくなってしまいます。

それを防ぐために相手の目線まで降りて、目線を合わせる必要があります。

「自分の新人のころはダメ営業マンでした」「高校の時は補欠でした」のように、ダメでもここまで成長できたんだ、やればできるんだと思ってもらい読者のモチベーションを上げていくことが大切です。


③ 人ファンと商品ファンの違いを理解する

ファン 画像



人は結局、人が好きです。

いくら良いコンテンツを提供したところで書き手が人間的に好かれないと本当の意味でのファンは作れません。

良いコンテンツを出すことは大事です。

しかしコンテンツだけで勝負すると延々とヒット作を出し続けないとすぐ忘れてられてしまいます。

よって同時にその人自身のファンになってもらうことが大事です。

どうすればファンになってもらえるか?

過去のエピソードや、こだわり、苦労話、開業秘話、商品に対する思いなどの「自己開示」をすることが効果的です。

例えば飲食店の店主ならば、店主のかける思い、素材へのこだわり、修行時代の苦労話、開業秘話、スタッフのオフショットなど、普段ご飯を食べに行った時にわからない裏話を伝える。

また、将来なりたい自分、将来の夢を伝え、努力している姿を見せることで、人は応援したくなります。

人柄が伝わると共感を生み出す。


④ 『五感を刺激する言葉』を文章に入れる

五感を刺激する



人に興味を持って読んでもらうためには、人間の五感を刺激する言葉を文章の節々に入れてみることです。

五感とは人間に備わっているセンサーのことで視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚です。

五感を刺激する一番簡単な方法は擬音語を使うことです。

キラキラ、モフモフ、コトコト、ガヤガヤ、ジュー、ザラザラ、スベスベなど。

また、「想像してみてください」というフレーズは有効的です。

「想像してみてください」というフレーズで読み手の脳内ディスプレイに情景が浮かび上がり、読者の感情を刺激します。


⑤ 感情的ベネフィットに訴えかける

ベネフィット


人は具体的にイメージできないと心が動くことはありません。

感情的ベネフィットを使って相手の感情に訴えかけることが有効です。

感情的ベネフィットには、情緒ベネフィットと自己実現ベネフィットがあります。

情緒ベネフィットはその商品を買うことで消費者にもたらされるプラスの感情(満足感や喜び、楽しさ、安心、優越感、爽快感)です。

例えば「その商品を使うことによって、ワクワクして仕事ができる。」「誰も持っていないので自慢できる」

自己実現ベネフィットとはその商品を買うことで自分がどうなるか、というセルフイメージの領域です。

例えば「周囲からできる男にみられる」「好きな人と結婚できるかも」

情緒ベネフィット、自己実現ベネフィットを使って相手の感情を揺さぶっていきましょう。


まとめ



「私は」を「あなたに」に変えることで、読者は当事者意識を持ち共感してくれやすくなります。

読者が「この人は天才だからできるんだ」と思ってしまうと、せっかくいいノウハウを発信しても聞く耳を持ちません。

「新人の頃はダメ営業マンでした」のように、もともとダメだったけど、やればできるんだと伝えることで読者のモチベーションをあげることができます。

いいコンテンツを出し続けることは大切ですが、お客さまにファンになっていただくことが大切です。

ファンになっていただくためには、過去のエピソードや、こだわり、苦労話、開業秘話、商品に対する思いなどの「自己開示」をすることが効果的です。

人柄が伝わると読み手は共感し、応援したくなります。

キラキラ、スベスベなどの擬音語を使い、「想像してみてください」と相手の脳内ディスプレイに浮かび上がらせ、読者の感情を刺激していきましょう。

「この商品を使うことによって、ワクワクして仕事ができる」「この商品を持つことで周囲からできる男にみられる」のように感情的ベネフィットを使うことで相手の感情を動かすことができます。

今回ご紹介した文書術を身につければ、一生の武器になります。

ぜひいいなと思ったことは試してみてください!




-営業本
-

Copyright© OKATIBLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.